前へ
次へ

交通事故に遭ったなら

交通事故の被害に遭ってしまうと、金銭などの請求をすることが可能です。被害に対しての損害を償うためにも

more

交通事故の問題を解決してくれるところは

どうしても交通事故の問題に関しては、個人で解決するのが難しくなってしまいます。例えば、慰謝料の問題等

more

交通事故の法律のトラブルを解消するまでに

実際に、法律事務所に声をかけて、交通事故の法律上の問題を解消するとしたら、とりあえずどこの事務所にお

more

交通事故を防ぐためのポイント

交通事故はある日突然遭遇することも多いです。しかしながら、運転中のちょっとした心がけにより予防することも可能です。大きな事故は命を失い奪うこともあることを頭に入れておかなければなりません。日々どのような点に気を付けて、運転するべきでしょうか。まず言えることは、当然ですが運転マナーや定められた交通ルールを守ることです。信号を守りシートベルトは装着していても、事故を起こす人がいます。そうした人々は、マナーを守っていないことが少なくはありません。近年増えているのが、運転中のスマホの使用です。特に渋滞中や信号待ちの際に、ついついスマホをいじってしまう人が多いようです。運転には集中力や反射神経が欠かせませんが、スマホを見ている間はそちらに神経が向いてしまいます。運転中はスマホをいじらず、運転に集中できるようにマナーモードにしておくことが交通事故の予防につながります。そして決してやってはいけないことが、飲酒運転です。お酒に強いと自信がある人も、ほんの少しでも飲んではいけません。飲酒運転による大きな事故が増えているのが現状です。自分は大丈夫だという気持ちは捨てるようにしましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

交通事故を防ぐためには、気持ちに余裕を持って運転することも大切です。例えば待ち合わせに遅れそうなときに、事故は起きやすくなります。焦る気持ちは、運転操作を誤ることや信号無視、スピードの出し過ぎなどにつながります。また長時間運転で疲れているときも、眠気や集中力の低下により事故しやすいです。気持ちに余裕を持つためには、早めの出発や適度な休憩が大切です。道に迷って事故を起こす人も見られます。知らない土地に行くときには、だいたいの場所や行き方を事前に調べておけば安心です。もうひとつ、交通事故の予防として過信運転にも気を付けましょう。長年運転をしていると、運転能力を過信してしまう人がいます。その結果、無理な車線変更などが事故につながります。ベテランドライバーになったとしても、いつまでも初心を忘れずに運転したいものです。

Page Top